大阪・神戸・尼崎・伊丹・西宮・宝塚・川西、離婚協議書・公正証書でお悩みならご相談下さい

トップページ > 離婚公正証書作成サポート

アイコン「花」 離婚公正証書作成サポート

■ 法的な強制力を持った離婚公正証書

 金銭の支払いをより確実なものとしたい方のために、離婚公正証書作成サポートを行っております。 慰謝料や財産分与の金額が大きい場合や、養育費のように支払いが長期間に渡る場合などは、法的な強制力を持った離婚公正証書を作っておくことが大切です。 原案の作成から、公証人との協議、調印時の代理人業務まで、行政書士が担当致します。



■ このような方におすすめです

 以下にあてはまるような方には、『離婚公正証書作成サポート』をお勧めしております。

  • 慰謝料、財産分与など、まとまった金額の支払いが発生する
  • 養育費など、将来に渡って金銭の支払いがある
  • 年金分割につていの合意がある
  • 不動産の財産分与がある
  • 離婚後のトラブルを未然に防ぎたい

アイコン「花」 料金 (離婚公正証書作成サポート)

「離婚公正証書作成サポート」は、行政書士報酬以外に、公証人への手数料が別途かかります。


■ 行政書士報酬

  表示は税抜き価格です。
(H28.8価格改定)

離婚公正証書作成サポート 55,000円 
調印時、代理人を立てる場合(1人につき) プラス 10,000円 

 「離婚公正証書作成サポート」の報酬額は55,000円、代理人業務は10,000円(1人につき)となります。この料金の中には、以下に記載する業務が含まれております。



  • 離婚公正証書完成までの期間の相談業務
  • 離婚公正証書原案の作成と内容の調整
  • 必要添付書類の収集作業
  • 公証役場で公証人との事前協議
  • 離婚公正証書調印時の代理業務 ※ 調印時の代理業務をご依頼の場合
  • 送達の申立て ※ 調印時の代理業務をご依頼の場合
  • 完成した離婚公正証書の納品と説明 ※ 調印時の代理業務をご依頼の場合

■ 公証人手数料

 公証役場での調印時に公証人手数料が発生します。公証人手数料の額は、 離婚公正証書の中に記載される、慰謝料や養育費の金額、作成する正本、謄本の部数やページ数などによって異なります。



日本公証人連合会HP (※参考)

アイコン「花」 ご依頼の流れ

1 お問い合わせ

 まずは メール もしくはお電話(072-773-8011)で問い合わせください。当事務所のスケジュールを確認し、面談による無料相談可能日時をお伝えします。

↓

2 無料相談

 無料相談を行う場所は原則として当事務所の応接コーナーとなります。 お客様から詳しく聞き取りをした後、問題点や最適な解決方法をご提案させていただきます。

※ 無料相談は初回のみとなります(1時間)。正式依頼された場合は、業務終了まで相談は何度でも無料になります。

↓

3 ご依頼

 ご依頼頂いた場合の業務の流れや、料金(報酬・必要経費)などを説明させていただきます。お客様が希望されましたら、業務を受任いたします。

↓

4 料金の支払い

 振込口座をお伝えしますので代金をお支払いいただきます。入金確認次第、直ちに業務を開始致します。

↓

5 離婚公正証書原案の考案

 当職が離婚公正証書の原案を考案いたします。

↓

6 離婚公正証書原案の確認

 離婚公正証書の原案をご確認いただきます。修正要望がありましたら、納得のいくまで何度でも修正、変更いたします。

↓

7 公証役場での調印

 当事者夫婦が公証役場へ出向いて内容を確認したのち、公証人の前で署名捺印をします。
代理人を立てる場合は、代理人行政書士が公証役場へ出向きます。

↓

8 離婚公正証書の完成、納品

 離婚公正証書が公証人から交付されます。行政書士が代理をする場合は、完成した離婚協議書を、郵送もしくは手渡しにて納品致します。

四葉のライン


離婚協議書、公正証書は、あなたの第二の人生に、安心を与える大切な書類です 悩んでいるなら専門家にご相談ください… 土日対応可(要予約)

プラン1 離婚協議書を作成してほしい! 慰謝料や子どもの養育費、親権者のことなど、きちんと取り決めをして、書面で残したい… 離婚協議書作成サポート  プラン2 離婚公正証書を作成してほしい! 養育費などのお金の支払いを確実なものにしたい。法的な強制力をもつ公正証書でつくりたい… 離婚公正証書作成サポート



アイコン「花」 お問い合わせ、初回無料相談のご予約はこちらへ

離婚協議書・公正証書 作成相談室